喜平 KIHEI

喜平 KIHEI 喜平 KIHEI

KIHEI

喜平

トレンドに左右されないデザインで芯のある男らしいイメージの喜平。「喜平」という個性的な名前にも興味を惹かれた方がいることでしょう。名称の由来は諸説ありますが、有力視されているのが「騎兵」が転じて喜平になったという説。19世紀中頃のアメリカ南北戦争の折、陸軍の騎兵は乗馬時にも帯刀できるよう革製ではなく丈夫な金属製のチェーンを吊り下げていました。これが、やがて馬に用いられるくつわ鎖(カーブチェーン)と同じ意味となり「騎兵チェーン」が「喜平チェーン」となった、とされています。

もっと詳しく見る

71件中

130

ABOUT KIHEI

  • 喜平の魅力

    喜平ネックレスの魅力といえば、均整のとれた断面から放たれる美しい輝き。喜平ネックレスはこの断面がいくつあるかによって区別され、断面が2つのものは2面喜平、6つのものは6面喜平、8つのものは8面喜平と呼称されています。断面が多いものだと12面や16面などもあり、断面数が多くなるほど人気が高くなります。喜平ネックレスは平面の数が多いほど繊細な加工が必要となり、高い技術が求められるためです。その高い技術に比例するように平面の数に応じて高価になる傾向があります。

  • 資産としての側面

    18金や24金などのように比較的純度の高い喜平は、他のジュエリーと比較しても高い資産価値があるとされています。というのも一般的に18金や24金のジュエリーを製作する場合、細工に複雑な工程を経るため加工コストが掛かるのに対し、喜平のネックレスはチェーンを組み合わせるというシンプルな形状ゆえに金の純度が高いまま加工でき、製作コストも比較的安価で済むためです。喜平は価格全体に占める加工費が抑えられ、かつ延べ棒やコインなど金そのものに近い価値を持つジュエリーなのです。

  • プラチナ素材にも注目

    喜平のジュエリーといえばゴールド素材が最も一般的であり、且つ人気の高い素材ですが実はプラチナ製のネックレスやブレスレットも存在します。喜平のプラチナジュエリーは他ブランドのジュエリーと比較しても純度が高く、Pt950(純度95%)からPt850(純度85%)あたりのものが採用され、なかにはより資産価値の高い純プラチナ(純度99.95%以上)製のものもラインアップされています。他人と被りたくないという方はプラチナ製の喜平も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

IWC  閻墓凾險  譎りィ  繧ヲ繧ェ繝繝  watches-lead eyewear  watches-lead glasses  閻墓凾險 讖滓「ー蠑  繝輔ぃ繝繧キ繝ァ繝ウ繧ヲ繧ゥ繝繝  wathches  weatches Online Website